診療方針

昭和6年に加藤修郎が内科医として加藤医院を開院。
昭和41年に加藤英一が加藤歯科医院を開院し、地域に根ざした医療を提供してきました。
現在もふたりの歯科医師が、高度な知識・技術と豊かな実績を発揮し、
さまざまな疾患を診療しています。

日々つねに意識しているのは、“歯をのこす”ということです。
ただし、これは“歯をいたずらにのこす”ということではありません。

こまかくチェックし、周囲の歯や歯周組織およびお口全体に影響がない場合は、
歯をのこすことを第一に選択していきますが、そうでない場合は歯を抜くことも選択していきます。
個別の適正な診療ができてこそ、QOL(Quality of Life)は向上します。

わたしたちは、おひとりおひとりの人生を尊重し、
自分らしく生きるためのお手伝いができるよう診療を心がけます。
いくつになっても噛むことができる幸せは、
そこからはじまるのだと考えています。